さぽろぐ

  日記・一般  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2011年02月27日

「取手駅MV3」23.−2.26

取手駅西口の「自動券売機コーナー」にある「指定席券売機」にて購入した〈企〉「ときわ路パス」(乗車券)です。
印字状態は良好です。
「関東鉄道」・「ひたちなか海浜鉄道」・「鹿島臨海鉄道」を利用するので、こちらの企画乗車券を利用しました。
2日間用があれば、利便性が向上するのではないかと思うのは私だけでしょうか?
(ちなみに「関東鉄道」では、自動改札機を通過することはできません。)

  


Posted by 居住さん at 12:14Comments(6)東日本 指定席券売機

2011年02月26日

「西武観光 練馬MR」23.−2.24

西武鉄道池袋線練馬駅構内にある「西武観光 練馬案内所」にて購入した「普通列車用グリーン券」です。

印字状態は、席番号と禁煙席マークに掠れがある以外は良好です。
快速お座敷「うつくしま浜街道」号は、ほぼ満席の状態で運転されていました。

余談ですが、マルスシステムの列車名には、「うつくしま浜街道」号も収容されており、お座敷からにしないと「エラー」になってしまいます。

2号車1番は、パンダグラフの真下ですので、デッドセクション通過時には、高圧回路切替の大きな動作音を聞くことができました。
  


Posted by 居住さん at 23:27Comments(0)

2011年02月25日

「尾久駅MV1」23.−1.16

尾久駅の「指定席券売機」にて購入した、「特急券」です。
印字状態は良好です。
(道内の2月は「繁忙期」の料金が適用されます。)

「流氷特急オホーツクの風」は、冬の観光シーズンに運転される臨時列車です。

1号車1番D席は、
進行方向一番前で右側の席です。
乗務員室との仕切扉にガラスがないので、少々寒い時もありますが、雄大な景色の前展望を楽しむことができました。

車内販売での飲食物は、遠軽駅・生田原駅で積み込む品がありますので、個人的には全区間の乗車、または上り列車の乗車がお奨めです。
(今回、楽しみにしていた品が全く手に入りませんでした。)  


Posted by 居住さん at 21:47Comments(3)東日本 指定席券売機

2011年02月24日

番外編「西武観光 練馬案内所」23.−2.24

このところ更新ができず申し訳ございません。
土曜日に使う料金券を購入しに「西武観光 練馬案内所」へ本日伺ったところ、
3月31日でJR券の取り扱いを終了するとのことです。
寂しくなります。

本日購入した券につきましては、後日ご紹介します。
  


Posted by 居住さん at 23:34Comments(0)

2011年02月15日

「トマムトラベル」23.−2.15

石勝線のトマム駅に併設されている「アルファリゾートトマムのインフォメーションセンター」内にある「トマムトラベルセンター」にて購入した「入場券」です。


印刷状態は良好です。

前回の「お知らせ」では、「追分駅か新夕張駅」に行くはずでしたが、トマム駅になってしまいました。

この日、午前中に所用を済ませ、札幌から「スーパーとかち5」号で「追分駅」へ、追分駅から室蘭本線で「岩見沢」に抜け、旭川方面へ行き「札幌」へ戻るか、岩見沢から「バス」で、「札沼線」に抜けて札幌へ予定を建てていました。

札幌から乗車した「スーパとかち5」号は、「南千歳駅」にて遅れている「スーパー北斗7」号からの接続待ちをしたため約4分送れて出発、「追分駅」での「マルス券」購入は、難しい状況となってしまいました。




トマム駅には「新夕張」側に駅舎がありますが、こちらは「地元の方」向けで、トイレ・公衆電話の設備となります。




ホーム中央の通路を歩いて行くと「トラベルセンター」のある建物に着きます。




通路から見る「石勝線」は、「石勝新幹線」と呼ばれても問題がないほと立派な線形になっています。




トマム駅の標高は、538メートルありJR北海道内での、旅客の乗降を行う駅では最も高い位置にあります。(以前は、士幌線の十勝三股駅が661メートルで最高でした。また、旅客の乗降を行わない駅(信号所)を含めると、石北本線の上越駅(かみこし)が、643メートルあり最高となります。)
  


Posted by 居住さん at 21:05Comments(2)北海道 窓口

2011年02月12日

「横浜駅MV−3」23.−2.11

横浜駅の「みどりの窓口」内にある「指定席券売機」(一番右側)にて購入した〈企〉「ヨコハマ・みなとみらいパス」(乗車券)です。
印字状態は良好です。
横浜高速鉄道・みなとみらい線に3回乗車するので、こちらの券を購入しました。
自動改札機も通過することができます。



さて、駿河小山駅の端末機が置き換えられたとの情報をいただきました。
首都圏エリアでは、年度末までに「指定席券売機」の感熱化がどこまで進むのか、とても気になります。
(また、代々木駅や御徒町駅では、窓口の削減が行われました。)


来週は、北海道エリアへ足を運びますが、遠軽〜北見付近も感熱化が完了してしまったようで、窓口の営業時間に間に合えば、時間を捻出して「追分」だけでも確認に行ってみたいと思っております。
  


Posted by 居住さん at 22:36Comments(0)東日本 指定席券売機

2011年02月08日

「駿河小山駅MR1」23.−2.−8

駿河小山駅の「みどりの窓口」にて購入した「普通列車用 グリーン券」〈平日〉です。

下曽我駅が置き換えられたとの情報をいただき、急遽予定を変更して所用の前に足を延ばし「駿河小山駅」へ行ってみました。
まだ、端末機は置き換えられておらず、印字状態は引き続き良好でした。
駅係員氏の対応も、親切・丁寧で間違いがないよう読み合わせをしながら確認をしていただき、本当にありがたい限りです。
もっと早く「駿河小山駅」の端末機の存在を知っていれば、微力ながらもう少し増収に協力できたのではないのかと思っております。(駅周辺から見る富士山も素敵な姿です。)


今回は「車内改札」で、「スタンパー」を綺麗な位置に押していただき、切符の返却方も大変スマートな対応でした。
また国府津駅で交代した後任の方は、「車内放送」で「ビーフカレー」や「小豆キャラメル」の販売のご案内もありましたが、どちらも先日「駅構内の特設売店」で購入したばかりだったので、何も購入することができず残念な結果になってしまいました。以前発売していた「ボールペン」や「ハンカチ」があれば購入したのですが・・・。





もう少し話は逸れまして、御殿場線の「313系」電車は、首都圏の「E〇3〇」系とは異なり、大変豪華な造りで安全・快適な旅路を約束してくれます。
国府津方がWパンタであれば、ワンマンの2両編成で「ボックスシート」があり(列車番号の末尾が「G」)、パンタが1個の場合は3両編成で「ロングシート」と考えて間違いのないようです。(一部の国府津~山北間の列車は「E〇3〇」系で運転されます。)(列車番号の末尾は「M」)
御殿場線内では、ドアは「半自動」で「ドア横」のスイッチを旅客が操作し開閉を行います。



近年は「分かり易い」車両作り(全国的に統一した配色・配置)等と叫ばれていますが、この「スイッチ」に関しては「まだまだ独自性の高いもの」になっています。
左右にスイッチを配置した場合、とっさに「開」・{閉」の位置を判断し操作することができるのでしょうか? 目に障がいがある方の場合、このスイッチがドアの左右、どちらにあるのか理解することができるのでしょうか? 313系では2両編成の列車の場合、スイッチは車両「海側」・「山側」ともに「乗務員室」側にスイッチがある配置となっているようです。
これに対し、近年急速に増備された「首都圏エリア」の車両では、ドアに向かって右側にスイッチがくる配置とし、上下に開閉スイッチを配置することによって「上が開」・「下が閉」の操作となっています。
しかし個人的な考えとして、地方線区においては小学生の通学・高齢者の通院等、操作する「手の高さ」を考えながら「間違えのない操作」をさせるためにも、この画像のスイッチではなく、ドア右側に上下配置のスイッチで下が「開」・上が「閉」のスイッチである方が操作しやすいものと考えております。(車掌が扱う「車掌スイッチ」も下から上に「軸」(スイッチ)を上げ操作することで「開」・上から下に下げ操作することで「閉」となっています。)
まだそこまで統一する必要はない、といえばそれまでですが、後々のことを考えれば、こういう箇所こそ早めに手を打って欲しいものと思っております。
  


Posted by 居住さん at 21:37Comments(0)東海 窓口

2011年02月05日

「静内駅」23.−2.−2

前回に続き、日高本線の静内駅「みどりの窓口」にて購入した「入場券」です。
印刷状態は良好です。

~オマケ~

日高本線を全線乗車し、「様似」駅にて「硬券入場券」を購入しました。
微妙に印刷が「斜め」になっています。

折り返しで、苫小牧へ乗車するのも面倒なので、帯広に抜けることにしました。
JRバスにて「広尾」に抜け、広尾駅にて十勝バスの案内所へ行くと「硬券乗車券」が発売されていました。
帯広までと、一番安いこちらのきっぷを購入しました。(地紋が異なります。)

十勝バスの「回数券」は、クセモノで一度に3枚までしか同時使用することができません。
本来であれば、2000円(200円×11枚)を購入し、9枚と30円を払って残額を「コレクション」にしたかったのですが・・・

レンタカー店が広尾にあれば「乗り捨て」で「帯広」まで移動したかったのが本音です。  


Posted by 居住さん at 23:15Comments(0)北海道 窓口

2011年02月02日

「静内駅」23.−2.−2

日高本線の静内駅「みどりの窓口」にて購入した「乗車券」です。何も言わなかったので「総販」で発券されました。

明日23年2月3日は「フサフサの日」です。
私も髪の毛が気になるので、増毛へ行ってから「留萌神社」で、お願いを・・・と思い購入しました。

ご覧いただいている皆様の中で、上野駅V23で23:23分の入場券を購入する方がいらっしゃるかもしれませんが、周囲の方と良く打ち合わせをして、枝番は01になりませんが、まとめ買いをし指定席券売機の奪い合いとならないようにしてください。

その後は「15番線に入る常磐線」を忘れずに・・・。
  


Posted by 居住さん at 12:18Comments(2)北海道 窓口(総販)